外壁塗装とは?初心者が知っておきたいメリットや施工のタイミングなどを解説

外壁塗装とは初心者が知っておきたいメリットや施工のタイミングなどを解説です。
錆び予防とコーティング作用があるので嫌いに維持する事が可能になり、メンテナンス管理が長くなるので長期的に見ると費用が抑えられて減価償却を短縮する事が可能です。
材質は環境保護を目的に自然に分解される素材を利用する事で、野生生物や自然に影響を与えない工夫に取り組んでます。
環境問題は世界中で課題になり、それぞれが目的をクリアする為に頑張ってます。

外壁塗装とは?初心者が知っておきたいメリットや施工のタイミングなどを解説

外壁塗装とは初心者が知っておきたいメリットや施工のタイミングなどを解説です。
錆び予防とコーティング作用があるので嫌いに維持する事が可能になり、メンテナンス管理が長くなるので長期的に見ると費用が抑えられて減価償却を短縮する事が可能です。
材質は環境保護を目的に自然に分解される素材を利用する事で、野生生物や自然に影響を与えない工夫に取り組んでます。
環境問題は世界中で課題になり、それぞれが目的をクリアする為に頑張ってます。
外壁塗装の説明です。

外壁塗装はどのタイミングで行うのがベスト?

外壁塗装を考えてる方も多いですが、どのタイミングで塗装をすればいいか迷っている方も多いです。
結論からいいますと、外壁塗装をするのにベストな時期は春か秋です。
塗料メーカーでは、塗装の条件を気温5℃以上、湿度85%以下と推奨されています。
推奨されてる条件よりも気温が低くなったり温度が高くなると、外壁塗装をしても塗料が乾燥するのが遅くなってしまうので、次の工程にスムーズに進めることができなくなってしまいます。
春は雨が降ることも少なく天候が安定していたり、過ごしやすい気温や湿度になってますので外壁塗装に最適です。
春の時期は多くの方が依頼することもあり、人気があって予約が取りづらい状況になることもあります。
秋は天候が安定していますが、秋雨前線があることから地域によっては雨の日が多くなることもあるので注意が必要です。
作業中の気温や湿度も暑くも寒くもなく、暑くもなく最適な気候なので、塗料にもいい気温と言えます。
夏の時期は暑すぎて職人の方にも塗料にもおすすめできない時期です。
冬の時期は寒すぎたり雪が降ったりすることもあるので、作業の時期が延びたり塗料が乾かないこともあります。

外壁塗装でありがちなトラブル事例とは?

外壁塗装のトラブルで多いのが、頭で描いたイメージと仕上がりの違いです。
外壁塗装は事前に用意されたカタログやパンフレットから、好みの色を決めていく形になります。
カタログで良い印象を抱けても、実際に外壁に塗ると光の当たり具合で別の色のように感じるケースは珍しくありません。
仕上がりに納得が行かない時は、申し出ることで再度塗り直しをしてもらえる場合もありますが、別途費用が必要です。
作業が始まった直後であれば、塗り直しも無料で対応してくれることもあります。
トラブルを避けるためにも、業者に丸投げをせずに自分の目で確認することが大切です。
そのほか、塗料に関するトラブルもあります。
外壁塗装の平均寿命は10年から20年です。
利益優先で質の悪い塗料を使われてしまい、5年も経たずに色が褪せてきたという事例も少なくありません。
依頼をする時は、施工費用だけでなく実績や口コミ評価を通して会社の信頼性を調べることが基本です。

住まいの劣化を遅らせることが可能な外壁塗装

リフォームにも様々な種類がありますが、外壁塗装も人気のリフォームのひとつです。
外壁も長く住んでいるうちに少しずつ劣化が目立ってきますが、外壁塗装をすれば新築に近いきれいな外観を取り戻すことができます。
それに、以前の色と違うものを選ぶこともできるので、イメージチェンジができるのも嬉しいところです。
見た目を良くするだけではなく、外壁塗装は家の劣化を遅らせることができるのもメリットです。
外壁が傷んでくるとひび割れが発生することもあります。
そして、ひび割れを放置しているとそこから雨水が入り木材も腐食してしまいます。
躯体が腐食すると、地震などの災害に弱くなることも考えられます。
さらに、シロアリは湿気を好むので、シロアリの発生も心配になってきます。
外壁塗装をする前には、ひび割れなどもしっかりと修復しますので大切な家をより長く維持できるようになります。
塗装にはそれなりの費用も発生しますが、家を長持ちさせることにつながるので、長い目で見ればお得といえます。

外壁塗装は塗料の質で長持ち具合が変わってくる

外壁塗装ですが、塗料の質によって長持ち具合が変わってきます。
別に高価格のものが長期間持つとは限りませんが、平均するとそのような傾向にあることは間違いありません。
外壁塗装では、長い年月の間には日光に含まれる紫外線、雨や雪などの水分、その他には例えばホコリなども関係してきますが、かなり過酷な環境にさらされることとなります。
塗料の成分は化学物質ですが、このような過酷な状況によって酸化したり変性したりすることとなり、最終的には壁を外部環境から守るという役目を果たせなくなってくるわけです。
長持ちするものが即ち質が高いと簡単に判断するようなこともできず、もちろん見映えは重要な要素ですし、劣化の度合いとしては少ないとしても、外壁を守る力そのものは最初からあまり高くないような塗装もあるかもしれませんので、期間だけを判断材料にすれば良いわけではありません。
しかし、一般的には長期間の利用が前提ですので品質は無視できません。

外壁塗装に関する情報サイト
詳しく知りたい外壁塗装

外壁塗装とは初心者が知っておきたいメリットや施工のタイミングなどを解説です。錆び予防とコーティング作用があるので嫌いに維持する事が可能になり、メンテナンス管理が長くなるので長期的に見ると費用が抑えられて減価償却を短縮する事が可能です。材質は環境保護を目的に自然に分解される素材を利用する事で、野生生物や自然に影響を与えない工夫に取り組んでます。環境問題は世界中で課題になり、それぞれが目的をクリアする為に頑張ってます。

Search